通信制高校に通うメリットとデメリット

自分の勉強のしやすさとか希望に合わせて学校を選ぶことがおすすめ

通信制高校通信制高校のヒューマンキャンパス高校

自分のペースで勉強ができるというメリットがある | 通信制高校というのは時間の融通もききやすい | 自分の勉強のしやすさとか希望に合わせて学校を選ぶことがおすすめ

さまざまな人に対応をする環境があるというメリットがあります。
こういったサポートは、公立よりも私立の方が整っている場合が多いので、自分の勉強のしやすさとか希望に合わせて学校を選ぶことがおすすめです。
メリットが多い通信制高校ですがデメリットも残念ながらあります。
それは、自分で勉強を進める必要があるという点です。
全日制とか定時制高校だと学校に行ってカリキュラム通りに勉強をすることで高校を卒業することができます。
でも、通信制の場合は基本的に自学自習です。
レポートも自分で教科書を見ながら作らないといけませんし、誰かが勉強時間を決めてくれるわけではないので自分できちんと勉強時間を確保して自ら学習に取り組んで行かないといけないのです。
これが結構大変なので、通信制高校に在学しているのに、登校しなくなってしまうという生徒は少なからずいます。
また人との関わりが少ないというデメリットもあります。
一般的に登校は一週間に1回から3回が基本ですが、クラスなどもはっきりと決まっていないためクラスメイトとか先生と関わる時間が少ないという特徴があります。
私立の場合は部活動とかレクリエーションがあるところもあるので、公立よりは友達ができやすいです。